ステークホルダーと共有できるコンテクストを見つけ出しメッセージ化する

レバレッジ発想で生まれたアイディアを現実化する。
そのためには、メッセージのコンテクスト化が必要です。
ハイコンテクスト*1でいくのか、ローコンテクストでいくのか。
科学的データに基づいた見極めからスタートします。

日本社会は、暗黙知の共有を前提としたハイコンテクスト社会だといわれます。 茂木健一郎さんも「均質性を前提にした、ハイコンテクスト社会の湿り気。」と書いていらっしゃいます*2
一方で、「少女時代のような国境を容易に超えるローコンテクストなアイドルと、背景情報を共有した上で楽しむAKB48のようなハイコンテクストなアイドル」という意見もあります*3

私たちは、綿密なリサーチで仮説を立て、検証を重ねることで、ターゲットが属している文脈や背景などを明らかにしていきます。 その上で、ターゲットとシンクロ(同期)、共有できる共通の知識や体験、価値観、ロジック、嗜好性などのコンテクストをメッセージ化します。