レバレッジ発想でステークホルダーを巻き込みムーブメントを起こす

私たちの仕事は、お客さまの商品を売ることです。
自動車会社なら車やブランドであり、国なら政策です。
広報や広告は手段に過ぎません。
(広報の中の)メディアリレーションズや危機管理も手段に過ぎません。
大切なことは、限られたリソース(資源)で、いかに大きな効果を得るか。
そのためには、レバレッジ、てこの原理が必要です。

人気のテレビ番組で商品が紹介されただけでは、レバレッジは等倍にしかなりません。
RT数が増えたからといって、商品が売れるわけではありません。

レバレッジを10倍、100倍にして、安定的、持続的に商品が売れ続けるためには、内発的な動機に支えられたムーブメント(運動)が必要です。
ステークホルダーの潜在的な動機に火をつけ、巻き込み、ムーブメントを起こす。
私たちは、そのためのアイディアと手法をご提案します。